遺伝性の薄毛とAGA治療の効果

薄毛の原因は人によってさまざまですが、最も多いのは遺伝や男性ホルモンの影響だといわれています。
稀に生活習慣やストレスなどが要因となっている場合もありますが、やはり多いのは遺伝です。
遺伝性の場合、有効なAGA治療はプロペシアです。
原因が遺伝とはっきりしている場合にはかなり有効な治療薬になります。
そのためには、自分のAGAが本当に遺伝からきているものなのかを見極める必要があります。
AGAクリニックの中には遺伝子検査を行えるところもあるので、原因がはっきりしない場合には
少し費用はかかりますが、検査を受けることをおすすめします。

遺伝子検査って何?

遺伝子検査とは、AGAの原因を確定し、より高い治療効果を得るためにとても有効な検査です。
薄毛の原因はいろいろですが、遺伝は大きな割合を占めています。
そこで、AGAの原因が遺伝によるものかどうかを検査によって調べることで、
効果的な薬を選んだり、治療を行うことができるというわけです。
検査は、口内粘膜を採取し、男性ホルモンの感受性に関わる遺伝子を調べ、遺伝的にAGAの発症リスクを確認するもので、
現在はそれほど症状がなくても、将来AGAになるかどうかも予測できます。
結果が出るまでには数週間かかり、料金は2万円前後が多いようです。
クリニックによっては行っていないところもあるので、事前に確認することをすすめします。